RPAとは

RPAは
(Robotic Process Automationの略で、これまでパソコンで行った繰返し、単純な作業をソフトウェアロボットに代行させる仕組みです。
繰り返しの多い定型業務の高速化や人為ミスの削減、人手不足の解消などの効果が期待されています。

RPA市場(ITR Market Viewによる)


2010年代半ば以降、金融・保険業など一部の業種で採用が進んでいましたが、近年、働き方改革に対する関心の高まりや参入ベンダーの拡大、IT知識の乏しい現場スタッフでも利用できるロボット開発環境の登場などにより、導入意欲は他業種でも急速に高まっています。今後はAIシステムとの連携が進み、より高度な自動化が実現されることが見込まれます。
2016年度の売上金額は8億円、前年度比4倍増と急速な伸びを示しました。
2017年度も同2.5倍増と引き続き高い伸びを予測しています。
また、2018年度には2016年度の5倍強となる44億円、2021年度には同10倍強となる82億円と、今後も継続的な伸びが見込まれることから、CAGR(2016~2021年度)は59.3%を予測しています。

弊社のRPA実績

BizRobo

 BasicRobo
元Kapow社が提供していたツールをKOFAX社が買収・統合し、データスクレイピング技術を中心とした「Webデータインテグレーション」から発展したRPAツールになります。RPAテクノロジーズ社からは、BizRobo/BasicRoboとして提供されています
 ScanRobo
スキャナ・複合機・FAX・スマホカメラから読み取ったデータをノイズクリーニングから、自動仕分け、文字抽出、定型業務処理、レポーティングまでワンストップで実行する「スキャンロボ」で、RPAテクノロジーズ社に提供されています。
 開発実績
大手金融機関様に今までの手書きで記入した申請資料をOCR補正技術により自動認識し、電子化するシステムを構築するにあたって、BasicRoboとScanRoboを組み合わせたソリューションを実現しました。
  UiPath社のRPAツールは、Microsoft社のWorkflow FoundationやXAML書式を適用し、さらにNuGetによる製品モジュールおよび動作シナリオのバージョンコントロールや、Elasticsearch/Kibanaなどのオープンな技術の上で実装された強力なアーキテクチャを持つ製品です。
 実績
豊富な開発経験があるエンジニア達がUiPath勉強会を行い、UIPath公式認定資格が合格しました。

UiPath